こころステップダイアリー

横浜・認知行動療法メンタルトレーナーの日々を綴ります。

#4-3 カウンセリング実践 認知行動療法で最短ルートで何度でもリトライ

弊ブログを訪れてくださりありがとうございます。

 

#4-3 Mさんの面談記録を致します。

前回「褒める母親になる」という目標を挙げ、実践していただきました。

 

<アクションプラン>

1寝る前に薬を塗る時、「頑張っているね」・「ありがとう」・「大好き」・「助かるよ」と言葉で伝える

2自転車で移動する時、娘さんの学校の様子を聞く

3時間管理について娘さんに任せる

 

今回は、実践後の振り返りを行いました。

1・週に4回、寝る前に言葉で伝えることができた。

 ・「ママの方が頑張ってるよ」「ありがとう」という娘さんの言葉があった。

 ・以前よりも褒める言葉や感謝の言葉を伝えやすくなった。

2・「今日学校で何があった?」と尋ねると、「なんで?」と聞き返されたこともあったが、学校での様子を話してくれた。

 ・自転車に乗っている時だと、時間に追われて聞き忘れてしまうこともあった

 ・聞けなかった時は、自宅で聞くなど、他のタイミングで声をかけることを意識できた。

3・お稽古に出かける時間をあらかじめ伝えておくと、娘さん本人が時間を気にして動いていた

 

アクションプラン3つについてMさんは意識的に取り組むことができました。

そして、娘さんの思いを聞く時間を作ることは、これまでも週3回はできていたこと(2

)や、時間について細かく指示せず娘さんに任せることでMさんのストレスが軽減できること(3)に気づくことができました。

(1)については実施している時は娘さんに良い声かけができているという達成感もあったのですが、面談の前日にストレスに感じることがありました。

 

娘さんは落ち着かなくなると、指の皮をむく癖があります。夜、娘さんのささくれをMさんがハサミでカットしてあげた後、トイレで娘さんが指の皮をむしっていたところをみて、ストレスだったそうです。

 

□トイレで娘が指の皮をむしっているという出来事に

□怒りの気持ちになり

□娘には私の努力が響いていないと考えた

 

娘さんとの良好な関係を築こうとしているMさんにとっては、裏切られたような気持ちになったのかもしれません。

そこからコラム法を進め、

・娘さんは毎日お稽古やお勉強で忙しくゆとりがないことを理解してあげよう

・まだ取り組みを始めたばかりなので、今後も続けていくことが大切

というバランス思考を持つことができました。

そして、お稽古の頻度や内容を見直すこと、声かけの取り組みを続けることをアクションプランとして立て直しました。

 

バランス思考を作った上でアクションプランを立てても、実践する中でうまくいかないことは多々あります。うまくいかずストレスに感じた部分についてはMさんが今回行ったように認知行動療法を行います。すると、バランス思考を作り直してより現実に沿った新たなプランを立てることができます。

 

認知行動療法は、少しづつ少しづつ考えや行動を変容させていくためのものだと思います。ご自身のこれまでの歴史から作られた考え方を変えることは簡単ではありません。しかし、「こうなりたい!」という思いを持った瞬間から人は自分自身を変えていくことができます。

f:id:kokorostep:20190328151012j:plain

 

プランを実施して問題解決することが望ましいですが、一度で解決できないこともあります。しかし、実施することで見えてくることは必ずあります。解決できなかったとしても、実施前よりもよくなっていることに気づいたり、もっと良いバランス思考やプランが出てくることもあります。Mさんもストレスに感じることがあったものの、「以前より娘さんに声をかけやすくなった」というプラスの気づきがありました。

実施した時のストレスは改善のきっかけになります。再構築したバランス思考はなりたい自分に気づくきっかけになります。何度も何度もこのプロセスを繰り返していくことで、理想の状態に一歩づつ近づいていきます。

 

トライ&エラーという言葉があります。トライしなければ、エラーかサクセスかを判断することもできません。また、トライしたいと思っても、何をするべきかわからなければ進むことはできません。認知行動療法は、トライするものを定め、エラーを学びに繋げ、サクセスを実感できる方法だと思います。コラム法を用いることで、何にトライするか、何がエラーになったのか、エラーの中で何を得たのかということを、自分の思考と向き合うことで見つけ出すことができます。それらはすでに自分の中にある考えや感情から導かれたものなので純粋で無駄がなく、リトライは最短ルートで、且つより自主的に行えると思います。

 

Mさんが「褒める母になる」という理想を実現し、娘さんとさらに幸せな豊かな時間を共有できることを願っています。

 

〜本日の学び〜

認知行動療法でトライ&エラーを何度でも繰り返そう

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

このご縁に感謝致します。

 

認知行動療法メンタルトレーナー

いくえ

 

ハートフルライフカウンセラー学院交流会に参加しました。

弊ブログに訪れてくださりありがとうございます。

 

先日、カウンセリングスクールの交流会に参加させていただきました。

総勢42名、在校生・卒業生・講師たちが集まりました。

 

すでに開業している方や、パラレル起業されている方とお話し、認知行動療法を個人の得意分野でユニークに活かしているのだと感じました。また、在校生とは、学習法や試験のこと、今後のビジョンについてお話しするなど、とても楽しい時間でした。

 

在校生に、浜崎あゆみさんのバックダンサーをされてるKAYANOさんがいらっしゃいます。交流会の中で、「ストレスフリーエクササイズ」のミニ講座をしてくださいました。呼吸法も取り入れた座ったままできるストレッチを教えてくださり、肩周りがスッキリしました。

 

会場になったのは、女優・生稲晃子さんがオーナーをされている’鉄板焼き 佐吉’でした。この日は、生稲晃子さん自らエプロン姿で、スタッフとしてサーブしてくださっていました。

 

同期のメンバーとも名刺交換や近況報告をしました。一緒に試験勉強を乗り越えた同士のような同期たち。これからもメンバー同士学び合って繋がっていかれたらいいなと思います。

 

f:id:kokorostep:20190318085641j:plain

石川学院長生稲晃子さんKAYANOさん

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

このご縁に感謝いたします。

 

認知行動療法メンタルトレーナー

いくえ

不思議体験!ヒプノセラピーで前世に出逢う

弊ブログに訪れてくださりありがとうございます。

 

私ごとで大変恐縮ですが、先日のお誕生日でひとつ歳を重ねました。

気持ち新たに、自分も自分の周りの人たちも笑顔になる充実した毎日を目指していきたいと思います。

 

前回のブログでお伝えしたヒプノセラピー(催眠療法)に行ってまいりました!

初めてのことで緊張しましたが、セラピストのお話によると私は「催眠にかかるのがうまい」らしいです。

・・・おそらくとても単純なのでしょう。論理より感情タイプ?信じやすく、思い込みやすい?

とにかく、無事催眠状態になることができました。

 

人間の脳は、顕在意識と潜在意識に分けられます。普段は、顕在意識を働かせていますが、それは脳全体の10%程度と言われています。残りの約90%は自分では意識できない潜在意識です。

催眠状態になることにより、意識できない潜在意識を顕在意識の中に導き、自分自身で意識することができるようになります。その状態を作ることが、催眠療法です。

催眠状態の間も、当然意識はあります。言葉を話すこともできますし、自分が今どこで何をしているかも、全て理解しています。よりリラックスするために自然と目は閉じていましたが意図的に開けることもできたと思いますし、手足を動かすこともできます。夢のように目覚めたら忘れてしまうわけではなく、セラピーから数日経った今もその時の記憶はしっかりとあります。

催眠療法は潜在意識の中に残っている普段は意識できない過去の記憶を呼び起こすことができると言われています。過去のトラウマや抑圧された記憶に立ち戻りネガティブな状態を解放する退行療法や、さらに遡って前世を体験する前世療法などがその手法として知られています。私は今回、前世体験をさせていただきました。

 

体験したセラピーについて簡単にお伝えいたします。

まず、セラピストから催眠療法について詳しく説明していただきました。

催眠状態でどんなことを体験するのかという流れもお話ししてくださいます。

そして今回のセラピーのテーマを決めます。

私は、「今生きている目的はなんだろう」というテーマにしました。

 

疑問を解消し、テーマが決まったところで、催眠に入っていきます。

セラピストの言葉にしたがって頭の中にイメージを持つという催眠状態の練習をしてから、前世の記憶を引き出していきました。

 

私の前世は、江戸時代の日本の女性でした。裕福で美人な細身の女性(これは前世ではなくただの願望かな?という気もしますが・・・)が浮かんできました。

そして、その女性を眺める形で映像が進んでいきます。(私の場合は白黒画面でした。)

幼少期の家族→想いを寄せる幼馴染の結婚式→我が子たちと団欒→近所の火事→母の死→夫が帰宅(女性のところにいた模様)→娘の結婚→おやつを準備している姿→死の時

と展開していきました。

とても不思議なのが、セラピストが、「次の人生の重要な場面へ移ってください」というと、自然と頭の映像がゆっくり切り替わることでした。これが、本当に前世の記憶なのか、自分自身が過去に経験したり見たものの記憶なのかははっきりわかりません。でも、絶対前世ではない、とも言い切れないという感覚が残っています。うまく表現できず、申し訳ないのですが・・・。

 

前世の私は、とても無口で辛抱強く、状況を俯瞰で眺めることができる広い視野を持つ心の穏やかな女性でした。そして人を困らせたり傷つけることが全くなく、愛情深いタイプだと感じました。

 

その前世の自分と、現在の自分自身が、中間世という場所で対話をすることができます。そこで私が受け取ったメッセージは、

 

「自由奔放で、好奇心旺盛なあなたがとても羨ましい。あなたは人に愛を与え、人からの愛を受け取れる人。自分の気持ちを偽りなく人に伝えて、あなたらしく生きて欲しい。」

 

というものでした。

これが、そのまま「今生きている目的はなんだろう」の答えになるような気がします。

’好奇心を持って物事に取り組み、愛情を持って人に接し、自分らしく生きること。’

 

不思議な体験でしたが、セラピーを受けてみてよかったです。セラピストのゆったーり静かーーな声かけも心地よかったです。終わった後は、心が軽くなったと同時に、体の緊張もほぐれ、とても爽快でした。

日々迷ったり悩んだりすることもありますが、自信を持って前向きに生きることを後押ししてもらったように感じます。

ヒプノセラピストの田崎さん、ありがとうございました。

 

田崎誠二さんのセラピーにご興味のある方はこちらまで

Kindly Heart(ヒプノセラピー)

Kindly Heart (心理カウンセリング)

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

このご縁に感謝いたします。

 

認知行動療法メンタルトレーナー

いくえ

 

 

 

 

 

 

認知行動療法士試験結果が届きました

弊ブログに訪れてくださりありがとうございます。

 

先日受験した、認知行動療法士資格試験の結果が届きました。

 

f:id:kokorostep:20190318103011j:plain

 

よかったーーー。ホッとしました!

 

試験内容は筆記試験と面談実践でした。

面談の実践は、カウンセラー仲間とお勉強会を開いて練習してきたつもりでしたが、とっても緊張しました。一緒に練習してきてくださったみんな、本当にありがとうございます。

 

格通知は、スタートライン。

今後、認知行動療法メンタルトレーナーとして必要としている方のサポートができるよう学びを深め努力していきたいと存じます。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

このご縁に感謝いたします。

 

認知行動療法メンタルトレーナー

いくえ

#7-2 カウンセリング実践 不安を視覚化してみよう

弊ブログを訪れてくださりありがとうございます。

 

面談記録をいたします。

 

7-2 Hさん(前回記録はこちら)

 

ホームワークとして、仕事と家庭の両立についてストレスを感じた場面のコラム法を行っていただきました。

残業中に娘さんから電話がきた場面を切り取りました。

 

「お腹減った」という娘さんの言葉に

不安と心配な気持ちになり

子供に負担がかかり我慢させてしまうと考えました。

 

前回と同じような場面に同じような感情と考えが浮かんでいます。

 

そこから根拠と反証を上げていきます。

転職し、職場が遠くなったり残業が多くなることで、ご家族に食事の準備を十分にしてあげられなくなることを心配していたHさん。

どのくらい準備することができなくなるのかを検証するために、曜日ごとのお子さんの帰宅時間を視覚化しました。

 

月 姉    19:00 弟 21:20

火 姉  21:20 弟 19:15

水 姉弟 21:30

木 姉     22:00 弟 18:30

金 姉弟 19:00

 

下線の部分が、食事の準備が間に合わないと予測されるところです。

このように書き出すと、娘さんは週2日、息子さんは週3日、ご帰宅された時に夕食の準備が間に合わないことありますが、週末を含めたそれ以外の日はHさんができたての夕食を用意できるということが分かります。

「転職したら夕飯の支度ができなくなる」と考えておられたHさんですが、ご自身で書いたこの表をご覧になり、「子供二人のうち、どちらかは待たせなくて済む」・「二人とも待たせない日もある」と肯定的に捉えることができました。

 

はじめは無理と思っても慣れればなんとかなる 確信度90

そこまで深刻に不安にならなくていい 確信度80

信頼の気持ち 感情強度70

というバランス良い思考とポジティブな感情を生み出すことができました。

 

そして、これらを踏まえて、実際に問題を解決するためのプランを一緒に考えていきました。

「仕事と家事を両立した生活を送る」という目標のためにHさんが作ったアクションプランは、

*週間計画を立てる

*子供達に転職後の夕食について話す

*夫に家事分担について話す

の3つでした。

 

前回の面談記録の最後に、

Hさんが心配している「転職したらやってあげられなくなる」という未来の想定を、「転職してもやってあげられている」という現実に変換するために、何ができるのかを検証していきます。』と宣言しました。

Hさんは理想の現実に近づくために、「計画を立てること」・「ご家族と話す場を設ける」という方法を選択されました。

 

次回は、このプランを実践した上での面談となります。視覚的にスケジュールを確認したことで、「具体的に何曜日はどのようにしようか」という風に、ご家族と話し合うべきことも明確になったのではないかと思います。不安を信頼に変え、新しい生活もそのうち慣れるという柔軟な思考で取り組むプランですので、良い方向に向かってくれると期待しています。

 

~本日の学び~

不安を視覚化すると取り組む課題が明確になる

 

f:id:kokorostep:20190308115108j:plain

@マウカメドウズ横浜ランドマーク店

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

このご縁に感謝いたします

 

認知行動メンタルトレーナー

いくえ

カウンセリング仲間と湘南の会

弊ブログを訪れてくださりありがとうございます。

 

カウンセリングスクールに通い始めて8ヶ月が経ちました。

その間、心理カウンセラー、メンタルトレーナー、ハンドリフレセラピー、メールカウンセリング、認知行動療法士の勉強をしてきました。

それぞれの授業で多くの仲間ができ、日々学ばせていただき、刺激をいただいております。

 

先日、カウンセリングメンバーのつながりで「湘南の会」(神奈川方面のメンバーで集まろう!)を行いました。

すでにカウンセリングルームを開業されている大先輩Tさん、一緒に認知行動療法士の試験を受けたHさん、Nさん4人でのお勉強会という名のお食事会でした。

 

試験の出来を労い合い、慰め合い?、これからのビジョンを話したり、ご経験をお話しいただいたりとあっという間の楽しい時間でした。

 

この日はTさんのお誕生日!ということで、サプライズデザートでお祝いしました。

同じスクールを卒業された方が実際にカウンセラーとしてご活躍されているお姿はとても励みになります。

そして、私の今後の方向性についてもお聞きくださり、アドバイスいただきました。

 

Tさんは心理療法の一環としてヒプノセラピー(催眠療法)をされていらっしゃいます。

そのお話を伺って、興味津々♪早速後日受けさせていただくことになりました。

私の無意識下に眠るどんな深層心理が飛び出してくるのか楽しみです。

結果はまた、こちらのブログで報告させていただきたいと思います!

 

f:id:kokorostep:20190307132943j:plain

@Cocorico 

最後までお読みくださりありがとうございました。

このご縁に感謝いたします。

 

認知行動療法メンタルトレーナー

いくえ

#9カウンセリング実践 自分勝手が人のためになる?

弊ブログに訪れてくださりありがとうございます。

 

面談記録をいたします。

#8 Sさん 40代 女性 主婦

中学2年生の娘さんについてのお話でした。日頃から、携帯電話の使い方について注意することが多いそうです。中高一貫校に通っており、中学の間は校則が厳しいが高校になると自由度が増し、今のように携帯の使い方を管理できないままでいいのだろうかとご心配されておりました。

 

最近携帯電話について注意した場面についてお尋ねし、その時の出来事をコラム法にしました。娘さんに家事をお願いして午後外出したが、帰ってきた時にやっておらず、朝と同じ体勢で同じ場所で携帯を使っていたということです。

 

もっともストレスを感じた瞬間を、出来事・感情・思考に分類します。

やっていなかった家事に対して「やればいいんでしょ」という言葉に(出来事)

怒りの感情になり(感情)

期待を裏切られたと考えた(思考)

 

期待を裏切られたという思考に対して根拠(そう考えて当然と言える材料)と反証(考えを疑う材料)を探していきます。

<根拠>

朝と同じ体勢で携帯を使っていた

お風呂掃除が終わっていない

頼んだことをやるのは5回に1回程度

 

<反証>

頼んだことをやるのは5回に1回程度

□1100円のルールを作ったら毎日お弁当箱を洗っている

部活動を一生懸命やっている

 

お気付きのように、「頼んだことをやるのは5回に1回程度」は根拠にも反証にもなっています。つまりこの事実は裏切られたと考える根拠にもなり、反証にもなりうるということです。

*「5回も頼んで1回しかやらない。今日もまたやらなかった。」根拠

*「4回やらなかったのだから、今日ぐらいはやっていると思っていた。」根拠

*「5回に1回程度しかやらないので、きっとやっていないだろう。想定内なのでストレスに感じる必要ない。」反証

*「5回に1回はやってくれる。自分のことに夢中な年頃なのでこんなものだ。」反証

 

このように、事実に対して何を考えるかによって現実の見え方は変わってきます。事実は一つのように見えて、実は一つでないということがよくわかります。捉える人によって、その事実はいかようにもその表情を変えるということです。さらにいうと、同じ人であっても、その時の心の状態や気分、直前の出来事などによっても簡単に捉え方は変わります。

実際Sさんも、「娘さんは本当に期待を裏切っているのか?」という視点で娘さんの日常を見渡した時、お弁当箱洗いを継続していることや部活動の頑張りなどを拾うことができ、娘さんが期待を上回っている点に目を向けることができ、捉え方が変わっていきました。

「期待を裏切られた」という考えは、「必要な時になればできるようになるから、今はできなくても少しづつでいい」「自分で気がつくことが大切」というバランス思考へと変化しました。期待を裏切られたと考えれば当然ストレスは高まりますが、これから少しづつできるようになればいい、と現状を受け入れればストレスは格段に減ります。

 

ある事実をどう捉えても、それは人それぞれの自由です。そして、人の数だけ捉え方があります。それならば、出来るだけ自分にとって負担が少ない捉え方をする方が幸福度が高まると思います。自分にメリットになるのはどの考えだろう、自分を満足させてくれる考えはどれだろう、自分にとって気楽な考えはなんだろう、と自分の心を満たす「自分勝手な考え」を楽しんでみてください。あなたのストレスが下がれば周囲の方達に対しても受容的に関わることができ、お互いにとって良いバランスを保つことができると思います。

 

~本日の学び~

自分勝手な考えで幸福度を満たそう

 

f:id:kokorostep:20190305214501j:plain

@PIZZA&TAPAS Cibo
 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

このご縁に感謝いたします。

 

認知行動療法メンタルトレーナー

いくえ